写真で観る貝たちの生態編:愉「貝」な仲間たち!

製作:前橋工科大学大学院 阿部 泰宜

第四回は、画像をいくつか掲載させてもらって、そこから貝たちの生態を探ってみることにします。

…はい。
ぶっちゃけネタ切れです。(しかも手抜き)
…いやいや、
普段目にすることの少ない貝のレア画像盛り沢山でお送りしていきます。

それではまずこちら



Q1.さて、サカマキガイはどちら?

ヒントをご覧になりたい方は、この下部を反転させてください。(Ctrl+Aやドラッグで)

(ヒント:サカマキガイは殻が左巻きです。)

お分かりいただけたでしょうか?
答えはこのページの一番下に書いておきました。
気になる方は今すぐにでも、
答えに自信のある方は、読み終わってからゆっくりとご確認ください。

実は、他にも体色や触角の形状に違いがあります。
…が、私はその違いがよく分かっていません。
勉強不足です。すいません。

で、これがサカマキガイの卵です。





気がつくとこんな卵で水槽が一杯になっている!なんていうこともあります。
アクアリストには歓迎されない生物です。
ちなみに、このゼリー状物体1塊には約20〜30の卵が入っています。

しかしですね…、
中には環境の違いなどによって卵をたくさん産むサカマキガイもいるわけです。



この画像は(株)環境技術研究所様より提供していただきました。
さて問題。
Q2.この塊には何個の卵が存在しているでしょう?
(大体の)答えもこのページの一番下に。

で、それらがうまく孵ればこうなります。



「アクアリスト、絶叫」な風景…ですね。
これ、小さい粒々全てサカマキ稚貝です。
この画像の中だけでも、30〜40匹近くいますかね。

生まれたてはこんなに小さいサカマキガイですが、1ヶ月程たてばサカマキガイらしい大きさに成長します。
殻高6mmってところですね。



そして、これがサカマキガイの食事風景です。
口だと思われるところが、やはり口です。
何を食べているのかよく分かりませんが、水槽の側面についた「何か」を食べています。
おそらく、コケや生物膜などでしょう。
こうやってみるとサカマキガイもなんだかかわいいような気が…
してくるような…してこないような。

次はどーでもいい写真集。

 左から1匹のサカマキ(赤丸)が右のサカマキ(青丸)に近づいていって…

 ウガー!!と右のサカマキが襲い掛かりました

 しかし、間一髪何とか逃げ切ったようです


……。
多分、交尾しようとしたのだと思われます。
まぁ、なんとなくビオトープで起こっている日常風景(?)をご紹介しました。

さて、続いてはタニシです。



青丸は排泄器官で、赤丸は口です。
タニシはなかなかの大食のようで、タニシを汚泥の中に入れておくと、

 ズンズン

 ズンズンズンズン

と、見る見るうちに汚泥を…食べていきます。…多分、掻き分けているだけです。
ちなみに、タニシの稚貝は他の貝と比べると若干大きめのサイズで生まれてきます。



親貝の左でクルクルいっているのがタニシ稚貝です。
でもなかなか大きくなってはくれません。

続いてはカワニナです。



つい先日、実は雌雄異体であることがわかったので、雌雄を判別したいのですが、
判別する方法が分かりません。
その判別法をご存知の方は教えてください。
お願いします。(噂によると無理らしいのですが…)



陸に上がろうと頑張っているカワニナと、
その背中にくっついて楽して登ろうとしている要領のいいカワニナ。
片方はかなり辛そうでした。

最後にカワニナの稚貝をご紹介します。



これがカワニナの稚貝です。
かなり拡大してあります。
では実際にはどれくらいの大きさかといいますと…、



これくらい。
およそ1mm程度です。
とても小さいので初めて見たときはゴミかと思いました。
コレが育って親カワニナ程度の大きさになるにはどれほどの月日が必要なのでしょうね。
それまでにうまく育てることができるでしょうか。
不安は尽きません。

…で、あまり意味はないのですが、これがタニシの糞です。



小さい粒状になっているのが分かります。

こちらはサカマキガイの糞。



やや細長い形状をしていますね。

で、これがカワニナの糞。



見づらいのですが、やはり長細い形状をしています。

ちなみに、エサとして汚泥を与えているので、このような色になったのだと思われます。


さて、今回はこれまでです。
大した画像がなくてすみません。
これからはさらに貝の生態に迫った画像を撮っていきたいと思います。




Q1の答え。

左の貝がモノアラガイ。
右がサカマキガイです。

Q2の答え。



このくらいでしょうか…?
83かぁ…多いなぁ…。

前橋工科大学梅津研究室HP阿部泰宜HP愉「貝」な仲間たち!写真で観る貝たちの生態編