「スカムとスラッジ」


水処理に関わっていると様々な謎の単語に出くわします。
今回は謎の単語「スカム」「スラッ ジ」について
その定義をハッキリさせたいと思います。

では、はじめにスカムの定義について説明します。

スカム(scum)」
排水中の有機物が腐敗、発酵することに より発生するガスによって、
排水中の懸濁物質、繊維質、油脂質、細菌浮上して、
水表面にできるスポンジ質の厚い膜状の浮きかすをいう。
曝気槽や沈殿槽の水面に浮いていて、
細かい粒子状のものから
30pを超える大きな塊まで様々ある。

スラッジの対語として浮上している汚泥を意味するこ ともある。

では、そのスラッジとは何なのでしょう?

スラッジsludge)」
生汚泥、沈殿汚泥、消化汚泥、余剰汚泥等を総称した汚泥
スカムの対語として沈殿した下層部の汚泥を意味す る場合もある。

簡単に言うと・・・・
スカムは気泡によって浮き上がった汚泥等を指し、
スラッジは沈殿したり普通に浮遊している汚泥等を指すといえ ます。

今はこれしか分かりません。
今後分かり次第追加していきます。

BACK
環境ニュース満載 EEL Daily News!!