「嫌気状態と無酸素状態の違い」


水処理の基本に次の状態があります。

好気状態」 「嫌気状態」 「無酸素状態

これは全て酸素の状態を表す用語です。
まれに、混同して使用してしまうことがあります。
特に間違えやすいのが・・・・

嫌気状態」と「無酸素状態」です。

意味をしっかり理解することは水処理を扱う人にとって
かなり重要だと思われます。

では定義を説明をします。

好気状態」・・・・ 生物が利用可能な遊離の酸素分子が存在する状態。
嫌気状態」・・・・ 溶存酸素(DO:Dissolved Oxygen)も結合性の酸素(NOX‐のO)も存在しない。
無酸素状態」・・・・ 溶存酸素がなく、亜硝酸(NO‐)、硝酸(NO‐)の中の酸素だけが存在する。

なんとなく理解できたでしょうか?

つまり・・・・
嫌気状態脱窒をする」
と言う事は誤りなのです。

正解は・・・・
無酸素状態脱窒する」
なのです。

じゃあ、嫌気状態では何をするんだよ!!
って思う人がいると思います。
簡単に言うと嫌気状態では嫌気性処理ができます。

嫌気性処理と は・・・・
遊離酸素(酸素や亜硝酸・硝酸の中の酸素)が存在する状態では
生存が困難な偏性(絶対)嫌気 性細菌(嫌気性菌の一種)が活動して
汚水中の汚染物の分解を行う一連の方法。
例:メタン発酵処理

ちなみに無酸素状態で行われる脱窒では
通性嫌気性菌が 活動し脱窒します。
通性嫌気性細菌とは嫌気性菌の一種であり。
偏性嫌気性細菌とは違い酸素があっても無くても活動できる菌 を言います。

ここまで説明してきて脱窒っ て何?って人のために補足しますと
脱窒とは・・・・
無酸素状態で脱窒細菌(通性嫌気性細菌の一種)が
有機物をエネルギー源として亜硝酸態窒素や硝酸態窒素を
窒素ガスなどに還元する作用。
硝化作用と組み合わ せることで汚水中の窒素を
除去することができる。


今はこれしか分かりません。
今後分かり次第追加していきます。


BACK
環境ニュース満載 EEL Daily News!!