「アンモニア態窒素への道」


アンモニア態窒素硝化して
亜硝酸態窒素、硝酸態窒素になるのは有名です。

ですが、私はある疑問がわきました・・・・

アンモニア態窒素にはどうやってなるんだ?」

これを知っている人はどれだけいるのでしょう。
もしかしたら私だけが知らないのかも知れません。

そんなわけで・・・・
今回はアンモニア態窒素になる過程を調査しました。
調査結果は以下のとおりです。

家畜糞尿においては、
アンモニアタンパク質、アミノ酸、尿素、尿酸などの
含窒素化合物を分解 する際に生成されます。
そして、家畜糞尿や畜舎汚水のように水と共存するような状態では
アンモニウムイオン(NHの形で存在します。

ちなみに・・・・
この生成のことはアンモニア化成と 呼びます。

アンモニア化成とは・・・
家畜糞尿を放置あるいは処理する過程、
また糞尿や堆肥を土壌施用した場合に
有機体窒素微生物などにより分解されて
アンモニアに変換される反応を言います。
細菌、糸状菌、原生動物などの従属栄養生物
産生する加水分解酵素に より、
有機物中の主としてアミノ基から
アンモニアが生成されます。

簡単に言うと・・・・
従属栄養生物酵素を使って有機物を分解することで
アンモニアが作られるってことです。

でも、従属栄養生物加水分解酵素とは
何者なのでしょう?

それは、次の機会で・・・・

BACK
環境ニュース満載 EEL Daily News!!