「エアレーションと曝気の違い」


水処理等では頻繁に聞く単語の中に

エアレーション」 「曝気(バッキ)」 「散気」「通気

というものがあります。

果たしてどれだけの人がこれを区別して使えるでしょう?
もしかしたら使えないのは私だけかもしれません・・・

では順を追って説明をします。

エアレーション」・・・・ 空気を送り込むこと
曝気」・・・・空 気と液体を接触させて酸素を供給すること
散気」・・・・空 気を液状中に送り込むこと
通気」・・・・固 形物中に空気を送り込み酸素を供給すること

つまり、曝気と通気を総称してエアレーションと呼びます。
散気は曝気と似ていますが、酸素を与える意図がなく
散気は曝気の一種であると言えます。

(関連事項)
活性汚泥法では曝気槽の中で下部からブロアーで空気を送ったり
表面を撹拌したりして曝気を行います。

堆肥化処理では通気を行い処理を行います。

今はこれしか分かりません。
今後分かり次第追加していきます。

BACK
環境ニュース満載 EEL Daily News!!