pH

溶液のpHはいくつかの理由で吸着の程度に影響を及ぼします。
水素イオンと水酸基イオンは強力に吸着されるので、他のイオンの吸着は溶液のpHに左右されます。
さらに酸性あるいは塩基性化合物のイオン化がその吸着に影響し、
イオン化の度合いはpHに支配されるのでpHの変化は吸着に影響を与えます。

一般に典型的な有機汚染物質はpHが低いほど吸着量が増します。
多くの場合、これらは水素イオン濃度が高くなるにつれて活性炭表面上の負荷電が中和される結果、
拡散に対する妨害が減少し、
活性炭の活性表面がより利用しやすくなるためだと思われます。
この効果は、活性炭の種類によって異なると思われます。
なぜなら、活性炭表面の荷電は原料の組成と賦活方法に左右されるからです。




参考文献
『ウェーバー水質制御の物理化学的プロセス』


Top