水のイオン積

水は、ごくわずかに電離しています。
電離とは、分子がそれぞれ水和イオンになる、つまり、水中でイオンに分かれる変化のことです。
H2O+H2O⇔H3O++OH-
H3O+オキソニウムイオンといいます。 上式は、また次のように簡単に表すことができます。
H2O⇔H++OH-
水の中の水素イオンのモル濃度[H-]と水酸化物イオンのモル濃度[OH-]の積を、水のイオン積いい、Kwで表します。
Kwは、それぞれの温度のもとで、常に一定に保たれています。
これは、純水でも、中性の水でも、または[H+]と[OH-]とが等しくない(つまり、酸性またはアルカリ性)水溶液の場合でも同じです。
例えば、25℃では、
Kw=[H+][OH-]=1.0×10-14mol2/l2
なので、純水(中性)の場合は、
[H+]=[OH-]=10-7mol/l
となります。
また、25℃で1.0×10-2mol/lのNaOH(水酸化ナトリウム)水溶液は、
[OH-]=1.0×10-2
だと分かるので、
[H+]=1.0×10-12
となります。




参考文献
『改訂版 高等学校 化学TB』
『化学 その基礎へのアプローチ』


Top