はじめに


 現在、社会問題として、地球規模で環境問題が課題となっている。この環境問題の一つとして、硝酸態窒素の蓄積は閉鎖型の湖沼や地下水などで、現在深刻な問題となっている。有害なアンモニアは微生物反応によって硝酸態塩となり安定化し、水中に蓄積していく。 梅津研究室では、水中の窒素除去手法として、微生物による脱窒現象に着目し、いくつかの具体的な装置を開発している。この研究開発の中で、硫黄造粒物を濾材とし、硫黄酸化細菌によって脱窒する手法を検討してきたが、植物のネギには硫黄が含まれることから、ネギが脱窒反応の濾材となりうるのではないかと考えた。高濃度の硝酸塩水の中に青ネギを浸したところ、硝酸塩は高速に減少するという結果が得られたが、この実験では気泡がさほど発生せず、脱窒反応とは異なる様相であり、細胞内への吸収反応のようである。本研究はこの現象に着目し、様々な植物や菌類を用いた硝酸態窒素の除去に関して検討するものである。