グッピー魚群水槽観察日誌

前工大梅津研究室   水環境問題を綴るEEL NEWS   この水槽の説明(web-ppt)  膨大ドイツイエロー繁殖に至る歴史

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ 写真はクリックすると拡大します。(oo)

新聞取材記念画像
2009/05/08

長いことUPしていなかった大学グッピー水槽。その数は約1万5千匹となり、ビッチリ状態に見えるようになりました。
で・・・記者さんと「グッピーだけ撮って載せようね〜」との前打ち合わせだったので、シミのついた最も汚いトレーナーと襟がゆがんだポロシャツで、もちろんGパン・・・髭はかろうじて剃ったが髪は立っている・・・そんな見事ないでたちの私が撮られてしまいました。これはヤバい・・・。

「それっていつもより、きれいなかっこじゃないですか!・・・普通の”人”では最低レベルだけど。」


と、いうわけで、グッピー水槽は完成しました。これからはどんどんキタナーク見えることでしょう。硝酸塩は200mg/Lを超しているようで、アンモニアも2mg/Lを超える日もあります。しかし、それだからといって、グッピーが死滅するわけではありません。
これからは、グッピーの繁殖を損なわないように、地味に世話をしていく毎日となります。

「毎日、世話するの?」

・・・ぃや、毎日は・・・無理だな・・・西山が毎日世話してくれればいいんだが・・。

水質測定
2009/03/11

アンモニア態窒素濃度:0.3mg/L
亜硝酸態窒素濃度:0.02mg/L
硝酸態窒素濃度:100.0mg/L

硝化は順調に行われています。硝酸が溜まってきました。kokai

水質測定
2009/02/20

アンモニア態窒素濃度:0.17mg/L
亜硝酸態窒素濃度:0.04mg/L
硝酸態窒素濃度:68.0mg/L

前回の下層濾過が機能していなかったときと比較して、水質が安定してきたようです。

アンモニア態窒素と亜硝酸態窒素が下がったということは、また下層濾過が効きだしたということでしょう。

硝酸態窒素が増えています。脱窒装置の硫黄造粒物を交換したようですが、まだ効果としては現れていません。
これから利きだしてくるでしょう。

shimizu

水質測定
2009/01/30

アンモニア態窒素濃度:0.27mg/L
亜硝酸態窒素濃度:0.312mg/L
硝酸態窒素濃度:59.4mg/L
硝酸塩が50mg/Lを超えました。メンテナンスの当番を決めておきます。kokai

水質測定
2008/12/13

 約1ヶ月ぶりに水質を測定しました。その結果がこちらです↓↓
   
   アンモニア 0.45 mg/ℓ
   亜硝酸   0.03 mg/ℓ
   硝酸    22.5 mg/ℓ


 もうすぐ冬休みです。水質がどう変化するか観察していきたいです。matsuda

アオミドロとりました(oo)
2008/12/03


「ねぇ・・・コレ・・・とらないの・・・・」
とのお声がかかったので、マリモのようにサンゴ石にへばりついていたアオミドロ、びろ〜ンと伸びてねじれひも状に漂うアオミドロを取り除く大会を実施しました。まぁこれが生えていても別にグッピーに影響はないのですが。美観の問題ですかね。2か月放置していたので、だいぶ生えたようです。上部ライト付近で炭素繊維と同化したアオミドロはさすがに取れません。ごく僅かにうっかり入ってしまったリシアはそれなりに美しく増えています。リシアが勝つか、アオミドロが勝つか。(そりゃ普通はアオミドロなんだが…)

寒くなっても増えてます。
2008/11/20


一時、水面からの水はねで、自動給餌器が湿気る問題も、松田の壮大な工作で解決、順調に稚魚も生まれ続け、ドイツイエロー魚群は元気のようです。なんといっても飼育開始からこれまで、一匹の死骸発見報告も受けていません。自動給餌器の餌は毎日補給の必要があるのですが、私がやるのは週2回。はたして?最近まったく見ないうちの卒研生は・・・餌入れてクレー。でもボーリング大会があるらしい。フフフ・・・(oo)

水質測定 硝酸が増加してます。
2008/11/19

水質測定を行いました。
アンモニア態窒素濃度:0.38mg/L
亜硝酸態窒素濃度:0.05mg/L
硝酸態窒素濃度:26.6mg/L
10月11日の測定と比べて、だいぶ硝酸態窒素濃度の値が大きくなりました。脱窒装置の効果が弱くなっているのでしょうか。それに、陽の光がさす時間が減りアオミドロもそんな増えていない気がします。
kokai
まぁでも、まだ27mg/Lです。全然平気。そもそも、100mg/Lまでは全然大丈夫。まぁ松田がちょっとメンテナンスすれば、また回復して10mg/L以下になるでしょう。でも硝酸塩は50mg/L以下ならOKということで、御認識ください。(oo)

水質測定
2008/10/17

水質測定を行いました。
アンモニア態窒素濃度:0.34mg/L
亜硝酸態窒素濃度:0.007mg/L
硝酸態窒素濃度:7.5mg/L
10月11日の測定値と比べてあまり変化がありませんでした。水質が安定しているようです。
マリモ状の藻に乗るカワニナkokai

ドイツイエローもアオミドロもたくさん
2008/10/15


水質も心配なく、エサも適度に与えられているようです。アオミドロは底でマリモ状態。それなりに藻場となっているようで、見る人によっては自然。(oo)

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -