モル
------------------------------------------------------------
molはドイツ語Molekulargewicht(分子量)の略である。

「質量数12の炭素の12g中に含まれる原子の数(アボガドロ定数)と
同数の単位粒子(原子、分子、遊離基、イオン、電子)を含む系の物質量を
1モル(mol)と定義する」『理化学辞典』(岩波書店)より

--------------------------------------------------------
簡単に言うと、
@炭素12gのなかにある炭素原子の数が基本となる。

Aその基本となる数をアボガドロ定数という。

Bどんな物質でもその物質を構成する一番小さい単位粒子を
アボガドロ定数と同じ数だけ集めると
その集団はすべて1molと呼ばれる。

ということだと思う。
-------------------------------------------------------
では何故、炭素原子の数が基本となるのだろうか?

では何故、アボガドロ定数は「アボガドロ」というのだろうか?

では何故、アボガドロ定数の粒子の集団を1molと定義する必要があるのだろうか?

------------------------------------------------------------------------------

謎である。

続く…


ドルトンとアボガドロ