2007年度 梅津研究室のメンバー紹介
2008年8月25日記載

と、いいつつ、おぃ、今いつだ?8月だぞ。
まさか、こんなに、これを書くのが遅れてしまうとは、夢にも思いませんでしたが、
とにかく、卒業式の日の、飲み屋での写真でも・・・・。

「な、なんか、むちゃくちゃな、写真ですね。岡村先生他2名が幽霊になってるし・・・」

うーむ。酔ってから撮ったので、みんなだけで撮った写真がないのじゃ。
まさか、こんなことに、なるとは・・・

と、ぃうわけで、卒業してからだいぶ経った気がするけれど、この年の紹介をしたいと思います。



左上は、菊地か。どれどれ、ホームページは、、、っと、なんじゃ?こりゃ?
菊地は今どうしてるかなぁ、職は決まったのだろうか?寺居に続き、ヒルの研究をしていた。
ヒラタビル、ヒラタ、ビル。あのヒルは、生きたカワニナを襲う恐ろしいやつじゃった。
菊地は三角形のミニビオトープを作ったが、上蓋が最初は紙で、水滴にもまれてふにゅふにゅだったのぅ。
で、次の蓋は、アクリル板だが補強無しで、弓のようにゆがんでおったのぅ。
しかも、容器が三角なのに、四角板で、はみ出ていた。切ったのは12月だったか・・・・。

そーか。菊地か・・・・。今はどうしているのでしょうね。



で?左上からだから・・・あ、水出がいる。今M2で、頑張っておる。
今年修了して差って行く者じゃな。ウム。


その隣が・・・・金元か、とおもたら、その陰に、井出がおるではないか。
井出か。今大学院生尾崎研究室のM1だ。
井出は多難だった。最後の最後まで多難だった。
すまんかったのぅ井出よ。
井出は学部時代は水草、水草、水草と水槽を抹茶色にして
みずくさいじゃないか、という感じだった。
いまでもその残骸が、畜産研究所にあるのだろうか・・・・
イカン!早く片付けに行かねば。しかし、もっと寒くなってから出ないと蚊に食われそうだ。

そのあと、ホタルの研究をした。
平家蛍の1齢幼虫がどの温度でもっとも良く育つかの研究をしみじみとした。
非常に貴重な結果を得た気がする。
今となっては近くて遠い、あ、でも後期も授業やるのかしらね。


で?金元か!福井県出身。オーロラ印のつまみたら、食いたいのぅ。
一袋を一気に食ったら、金元に怒られたなぁ、
アレはそゆふに食うもんじゃ、ない、そうだ。
金元は、1年の時オリエンテーションの座談会で隣にいた。
この汚い梅津研究室にまた女性とは!とびびったが、・・・
部屋はキレイになるかも、とも、思ったが・・・・
まぁ、良い。
金元は、メノマンネングサでの屋上緑化をやった。屋上緑化に染まった学生は、
これで一体何人になるやと、思う今日この頃、今年は3人も緑化。
金元のメノマンネングサ対策は、なんだっけ?
ぇーと、・・・・わざわざ、生えたのを倒す・・・だっけ?
あと、ぶった切る・・・だったかな?
大学院進学が決まっていたのだが、家庭の事情で断念。
今は何をしているのかしらね。
ってよ、おぃ金元!おまぃ自分のビオトープで飼っていた魚、まだあのまんまだzo。
「5月連休、取りに来るからと言われてしみじみ飼ってるんです」(水出談)


そしてー、左下は、久保
久保か。ミニビオトープは、海水魚飼いますって、作って塩水入れて、
スズメダイ2匹入れて、それからとんとこなくなって、1匹死んで水漏れて、
菊地がトホホ、と言っていたなぁ・・・・。
それでも久保は、この年では一番まともな頭を実は持っていたらしぃ。
就職は4月前に決まっていたし、卒研も無難に、というか度胸で乗り切った。
久保、ちゃんと働いているかなぁ?。
淡水の活性汚泥を、海水に漬けてドンぐらいで活動するか、なんて研究だったな。


最後は、石関。ながーぃ付き合いだった。学部はちょっと長めに。
でも大学院に行きますと、進学した。
かっこいい自動車が好きで、メールアドレスもそれなヤツ。
ホタルの研究では、一緒に装置を作って、
「蛍に対する光害」
の巨大な成果を上げてくれた。
群馬随一の建設会社に就職して頑張っていることだろう。


さ、そんなわけで、
いろいろいろいろあった、2007年度は
もう、とっくに終わって夏休み。

メンバーの皆さん、これを読んだらたまには連絡しなさい。(oo)