Spokon Institute 2002


阿部(大学院)、明田川(修士修了)、高橋(卒業)、向島(卒業)、木村(卒業)
ついさっきまでいたので、懐かしくない。
あ、でもそのうち懐かしくなるんだろうなあ。
んで、そのうち、名前忘れたりして・・・・。

発明大履歴

2002.01/01新年、おめでとうございます。明けて30分、0:30am大学に到着。
5分後に木村がきた。さあ、工作だ。2002年最初の発明は、
「スーパーウルトラ90cm水槽用、藻の生えない浄化装置」


01/05 昨日までスキー。すごい雪じゃった。
帰ったら、500L水漏れにつき、急遽大工作、深夜に至る。
おかげで、大発明浮かぶ。2002年No.1だな。脱窒です。
それにしても、あさっては講演だし、9日からはUSAなんだが、
設計が進まないので、毎日徹夜だな。と。
瀕死のディスカス昇天。あと1匹。


01/07 学科の新年会で4はいいったあと、日本大気電気学会で講演。
んでそのあと、懇親会。んで、大学に戻って工作。
01/08 早朝 「スーパーウルトラ90cm水槽用、藻の生えない浄化装置」
完成。さて、いまから、STCにいって設置だ。
なんで、明日はアメリカだってのに、工作で徹夜してんだろう?


01/18 昨日帰国。アメリカでは、水槽を作ったり閉鎖型ビオトープ
つくったりでした。うまくいくか、不安。とにかく水は入れた。
帰ったら、いきなり、月曜日にヒアリングだって。最低。
土木学会やらなんやらで、忙しいんだが、やはり自分のデスクで落ち着きますな。
磁石プロジェクト本格的にスタート。
これから、養魚水槽の設計。明日はセンター試験なので、
絶好の設計日和ですな。


01/20 センター試験も終わったし。のんびりパチンコでも、と
言いたいところだが、明日はヒアリング、ダメと解っていても、
やっぱり、徹夜で資料を作ってしまった。ああ、まっすぐ板が切れれば
自分で何でも作れるのに、と、設計図もすすまないなあ。あまりにもめちゃくちゃ
仕事がたまってきて、つぶれそう。今、午前3時半だよ。とほほ。
逃亡するか。


01/22 磁石のYさんと、蛍担当のYさん、2件、来室。
いやー、風邪引いたかな。昨日は明田川さんとぐびぐびで、その後遺症か?
しかし、磁石プロジェクトはちと難しいようですな。しかし、
新ツールもそろったし、私のあきらめの悪さは天下一品だから。
木村水槽に海水入れてメジナ4匹。明日は臨終か?
設計急げ。硫黄も急げ。


01/24 脱却の年。ばけの皮はがれた。
雑誌記事の依頼をうける。
硫黄の実験栃岡とエリ開始。


01/29 ありゃあ〜。あっという間に5日経ってらー。昨日は
不覚にも、徹夜で脱窒気泡の大見学をしてしまった。他に、やること
いっぱいなのにねえ。それにしても、新卒が来る今日この頃、
どう考えても、仕事がたまる一方です。しかしそれでも、アイデアは湧く。
宮田閉鎖型ビオトープ構想開始。石灰最後の実験磁石大会へ向かう。
山田(大)さんと、佐藤(F)さん、来室。やはりそうでしたか。


1/30 いやすっかり、知らなかったけど、明日、卒研の概要集提出だと。はー
まあ、みんなできてるから、いいんだけどさ。本日のお客は2名。OさんとKさん。対応は明田川さん、話題は蛍。
明日は、STC。ひらめの続編TV放送ありそう。硫黄脱窒海水は完璧。完璧にpH低い。
ブタ水は動かざる事岩のごとし。500L久しぶりにメタノールに変更。順調。


3/5 90cm水槽システム完了 タイ20cm 5匹、メジナ平均長15cm 60匹スタート
同時に、500Lタンク休憩1匹残す。
すさまじき忙しさで本日まで。なんと2月は書き込み無し。
振り返れば、九州に行った。CADで図面を20枚は書いた。
SC脱窒手法の開発。なんともはや。